清水邦夫著作リストのホームに戻る

清水邦夫の劇世界―清水邦夫教授退職記念イベント

清水邦夫の劇世界
会期:
2007年3月31日(金)~4月1日(日)
会場:
多摩美術大学上野毛キャンバス(東京都世田谷区上野毛3-15-34)
交通:東京大井町線上野毛駅より徒歩3分
内容:
上演作品:「イエスタディー」「草の駅―オフィーリア幻想―」「破れた魂に侵入」
トークセッション:〔ゲストパネラー〕別役実(劇作家)/宮沢章夫(劇作家・演出家・遊園地再生事業団主宰)
上演内容:
監修:萩原朔美
装置:大津英輔+鴉屋
照明:増子顕一
衣裳:川田佳代/藤谷香子
音響:大山隆一/荒武芙紗子/小松いつか
映像:山本圭太
舞台監督:河原和/庄山晃/酒巻未由来
制作デスク:山崎美緒/木村和代
作品名演出出演
イエスタディー野上絹代鎮西猛/清原舞子/竹田靖/前野未来/辻村優子/高橋紗也佳/竹内英貴/山本美月/東ゆりか/小島千朋/松嶋千秋/泉田奈津美
草の駅大久保亜美坂之井千鈴/田山仁/渡辺喬之/大村駿/下司尚実/大石弥生/河村若菜/鈴木麻里音/横山旬
破れた魂に侵入木元太郎鈴木美穂/川崎草/高野滋人/野村麻衣/矢崎正弥/林みなみ/萩原健矢/下田亜紀/川崎祐太
タイムテーブル
3月30日(金)3月31日(土)4月1日(日)
 13:00~14:30「破れた魂に侵入」13:00~14:30「破れた魂に侵入」
16:00~17:30「破れた魂に侵入」15:00~16:30「草の駅」15:00~16:30「草の駅」
18:00~19:30「草の駅」18:00~19:30「イエスタディー」18:00~19:30「イエスタディー」
20:00~21:30「イエスタディー」20:00~21:30 トークセッション 


申し込み方法
予約方法:
開始日時:2月19日(月)10:00~メールにて
予約方法:名前、住所、人数、観劇希望の場合は希望日時と作品名を明記の上送信。
1作品につき一人2席まで予約可能。先着順80席。
メール受信後、予約受付番号をメールにて返信。当日受付にて番号を告げる。
申込受付メールアドレス:eien@tamabi.ac.jp
観劇の場合は件名に「観劇申し込み」、トークセッション参加の場合は件名に「TS参加希望」)
当日受付:
開演時間の各30分前より、会場にて先着順に受付。満席になり次第締め切り。
入場無料/全席自由
場所:A棟演劇スタジオ、3号館映像スタジオ、3号館演劇演習室。上野毛キャンパス周辺地図校内地図



企画展示「清水邦夫と木冬社-劇作家と演劇企画の30年-」

企画展示「清水邦夫と木冬社-劇作家と演劇企画の30年-」
会場:早稲田演劇博物館
会期:
Part1 2006年9月25日(月)~2007年2月3日(土) 
Part2 2006年10月20日(金)~2007年2月3日(土)
会場:
Part1 演劇博物館3階「現代」コーナー
Part2 演劇博物館1階特別展示室
内容:
Part1:木冬社の歴史をポスター、ちらし、パンフレット、上演台本、舞台写真などの資料を展示。
Part2:倉橋健、宇野重吉、蜷川幸雄、松本典子といったコーナーに分け、木冬社以外における劇作家・文筆家としての清水邦夫の作品世界を展示
公式サイト:
早稲田演劇博物館のページ
感想:
予想以上に量が多かったと感じました。将来、常設の記念館くらい出来そうな量でした。特に1階の特別展示室の方は古くて貴重な資料が多かった。直筆原稿など、この手の展示会などでしか見られないものも多々ありました。特に現代人劇場時代のパンフレットやちらしが貴重で、絶対に本人や関係者しかもう持っていないなと思います。欲しいなぁ‥




Copyright (c)1998-2016 Yuko Nagai All Rights Reserved.

発表順戯曲一覧
五十音順戯曲一覧
戯曲収録図書
シナリオ
小説
評論・エッセイ
関連記事
年譜