最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

2018年10月 6日

orange pekoe Acoustic Duo Live 2018

orange pekoe Acoustic Duo Live 2018orange pekoeとしては2年半ぶりのライブ。2016年3月27日の晴れたら空に豆まいてでのライブ以来だろう。私はその一つ手前の2016年2月3日のBillboard Live 東京のライブに行ってる。一馬くんはちょこちょこと帰国してソロか他の人とのユニットでライブを行ってるし、ともじも今年の3月にソロを同じモーションブルーで演ってるけど、orange pekoe としては
(前日にJ-WaveとBlue Note Tokyoのコラボ「JAZZ ON THE HILL」のフリーライブに出ていたが)。

「極楽鳥」はビッグバンドでは演奏したことがあるが、二人でやるのは初めてとのこと。途中twitterで募集した質問に答える形でゆるく進む。質問に答える形でともじの一番好きな曲は「Landscape」(Grace)、一馬くんは「黄金色の羽根」(Grace)で、それぞれ歌ったり。アメリカのライブで歌う曲は?と聞かれ、アレサ・フランクリンが亡くなったので「Natural Woman」を歌った、などという話をしながら、ちょっと歌ってくれたりした。

orange pekoe Acoustic Duo Live 2018「うっかり20周年」と言ってたが、1998年結成なので、今年が結成20周年。メジャーデビューは2002年4月だから。私が初めて聞いたのはメジャーデビュー前のインディーズのシングルだから、多分2000年頃に聞き始めたと思う。学生のときに軽音で出会って結成し、インディーズでCDを出して評判となり、1年後には派手なメジャーデビューをした。彼らはとても順調に活動をしてきた。小さなライブハウスでももちろんやってきたが、スーパー行脚のような、いわゆる「下積み」のような活動はしていないと思う。

彼らはもともとアルバムをつくるスピードは速くなかった。しょっちゅうアルバムを出してライブにもフェスにもガンガン出るユニット、ファンクラブを上手に運営しながらアルバムも頻繁に出すユニットを見ていると、オレペコはのんきだなぁと思うこともある。このユニットは20年で7枚のオリジナルアルバム+カバーアルバムほかミニアルバムなど。

でも、彼らは本当にピュアなので、日本でフェスにおつきあいで出てすり減るよりは、海外でゆっくり過ごしながらアルバムつくって、たまに日本でライブくらいの感じでいいのかなとも思う。

アメリカからの帰国凱旋ライブではない。10月3日に帰国して、4日、5日とライブやって6日にはすぐにLAに戻る。まだ拠点を移す気はなさそうだ。それでも来年は20周年ということでアルバムを出す、バンド編成での記念ライブをやるとのことで期待している。


赤レンガ倉庫2018.10.5 20:45~22:15(2nd)
motionblue yokohama

1. 極楽鳥~bird of paradise
2. 月の小舟
3. Foggy Star
4. Selene
5. やわらかな夜
6. FLOWER
en. LOVE LIFE

2018年9月30日

南佳孝~Simple Song 夏の終わりに~

南佳孝 sonorium |「Simple Song」は1979年6月発売のアルバム「SPEAK LOW」に収録された楽曲で、作詞は松本隆、作曲は南佳孝の作品。夏の終わりのこの季節にライブで聴きたい曲とのことで、このタイトルで9月末頃にライブを行い、今年で4階目。毎年このシリーズでしか「Simple Song」を歌わないそうです。昨年も今回と同じ「sonorium」にて開催されていましたが、チケットが瞬殺で取れなかったのです。今年は頑張って取りました。それでもキャパ100席ですから整理番号見るとギリギリだったようです。

会場の「sonorium」は杉並区の住宅地にある小さなコンサートホールです。ライブハウスではありませんがキャパシティはライブハウスのよう。音響設備がとても良く、ステージにはグランドピアノがおいてあります。

赤いシャツで登場した南佳孝のガットギターとピアノの弾き語りライブ。今年はデビュー45周年ということで、8月にデビューアルバムの「摩天楼のヒロイン」のリマスターが発売されてます。そこでこのアルバムから4曲。それから9月26日に新しいオリジナルアルバム「Dear My Generation」が出たので、そこから3曲。

Dear My Generationこのところカバーアルバムを出したりはしていたのですが、オリジナルアルバムは7年ぶり。また、最近はラテン・ボサノバ・ジャズのアルバムが多かったのに、ご本人曰く「マイ・ブームは去った」とのことで、デビューから1980年代前半の頃のような曲です。来生えつこと久しぶりに組んだせいばかりではないと思いますが、なんだか昔に戻ったかのような。一方で斉藤和義と組んでたり、新しい風も取り入れてバランスのとれた良いアルバムです。

私も最近radiko premiumに入ったことで、関西のFM cocoloでやっているラジオ番組「NIGHT AND DAY」を聞くことが出来るようになりました。それで「ラジオな曲たち」のようなアルバムを知ることも出来ました。ラジオのパーソナリティを長くやっていたりすると、MCもうまくなるのでしょうか。この番組は8年も続いているそうで、過去に聞いた曲から選曲したり、新しい曲を探したり。また、ピアノとギターで弾き語りが出来るので、小さなライブハウスでもどんどん身軽に出て行て演奏したり。現役バリバリで音楽活動を続けていると、歌もどんどんうまくなるのだなぁと思いました。

「Simple Song」のみならず「サマーミュージアム」「Nostalgia」「終末のサンバ」と夏の終わりを歌う曲を続けて演ってくれて、秋もこれから深まって行くんだろうなぁという本来はしみじみとした季節なのですが...。

この日、台風24号が近づいていて、関西方面ではイベントが軒並み中止になりました。東京でのイベントも危うかったのですが、当日は朝は雨は降っていなかったのですが、夕方から暴風域に入るとのことで、普段は休憩を挟むそうですが今回は休憩なしで一気に。早めに終わらせてくれました。20時から首都圏の在来線が全部止まるとの発表がまさにライブ開始直前に出ていました。

しかしながら、ライブ自体は素晴らしく、曲も会場も全部まとめて気持ちよすぎました。うっかり忘れていましたが、南佳孝は初ライブでした。

sononium2018.9.30 14:00~15:45
sonorium

1. 遙かなディスタンス(ROMANTICO)2004
2. 君の笑顔(Single*夏の終りに僕は君を失う)1993
3. 涙のステラ(SILKSCREEN)1981
4. SCOTCH AND RAIN(Seventh Avenue South)1982
5. ソバカスのある少女(Single*ROMANTICOのBonustrack)1975
6. 眠れぬ夜の小夜曲(摩天楼のヒロイン)1973
7. おいらギャングだぞ(摩天楼のヒロイン)1973
8. 勝手にしやがれ(摩天楼のヒロイン)1973
9. ピストル(摩天楼のヒロイン)1973
10. 柔らかな雨(Dear My Generation)2018
11. 終末のサンバ(South of the Border)1978
12. Midnight Love Call(MONTAGE)1977
13. 夜間飛行(South of the Border)1978
14. Nostalgia(Nostalgia)2017
15. Now and Forever(Richard Marxのカバー)1994
16. Sweet Memories(松田聖子のカバー)1985
17. サマーミュージアム(Daydream)1983
18. Simple Song(Speak Low)1979
19. ニュアンス(Dear My Generation)2018
20. スタンダード・ナンバー(冒険王)1984
en1. はないちもんめ(Dear My Generation)2018
en2. スローなブギにしてくれ I want you(SILKSCREEN)1981

2018年9月21日

大貫妙子 Billboard Live Tour 2018

Billboard Live 2018  大貫妙子大貫さんはインタビューで、「ミニヨン」は嫌いだったけれど、ずっと歌い続けている曲が入っているアルバム、という趣旨の発言をなさるのだけど、今回このアルバムのアナログ復刻盤を出すにあたり、再度聞き直したことで随分評価がかわったようです。最新のインタビューで今日のMCで語られていたことがそのまま入っています。その「ミニヨン」から11曲中5曲も入りました。そのうち、「横顔」「突然の贈り物」「海と少年」は他のライブでもよく聞くのですが、「言い出せなくて」「空を飛べたら」は私は初めて聴きました。それ以外にも「都会」「夏に恋する女たち」以外はあまりライブでは聴いたことのない曲でした。

編成はギター、ベースとドラム×2、キーボード×2。いつもライブで「来年こそは(もしくは今年こそは)このメンバーでニューアルバムを」とおっしゃるのが今回入らなかったので、また流れたのかなと思いました。でもライブも以前よりまた頻繁に行うようになり、アルバムもどんどんアナログ復刻されているので、いいかなーと思いつつ、やっぱりニューアルバムを聴きたい気がします。少しずつドラマや映画に提供した曲も貯まっているので、ぼちぼち出来ないかなぁ。思い出しただけでも、以下の曲がアルバム未収録です。
「パンとスープとネコ日和」、「この空の下で」、「山のトムさん」、「聞かせてよ愛の言葉を」(カバー)、「I Don't Wanna Play In Your Yard」(カバー)、「横顔」(矢野顕子とのデュエット)、「天使のはしご」


2ndの方は「夏に恋する女たち」でカーテンが開いたのではないかと推察。だとしたら、いいなぁ。
Billboard Live 2018  大貫妙子
2018.9.20 1st Stage 19:00~
Billboard Live TOKYO

1.横顔(MIGNONNE)
2.言い出せなくて(MIGNONNE)
3.空を飛べたら(MIGNONNE)
4.突然の贈り物(MIGNONNE)
5.Mon doux Soleil(LUCY)
6.太陽がいっぱい(note)
7.Você é Bossanova(PRISSIMA)
8.都会(Sunshower)
9.夏に恋する女たち(SIGNIFIE)
en1.海と少年(MIGNONNE)
en2.Wonderland(note)


大貫 妙子(Vocals)
小倉 博和(Guitar)
鈴木 正人(Bass)
沼澤 尚(Drums)
フェビアン・レザ・パネ(Piano)
林 立夫(Drums)
森 俊之(Keyboards)



2018年8月19日

新川博 & ザ・シンキーズ(ゲスト:岩沢幸矢、ミズノマリ)

逗子surfers逗子Surfersで行われた「新川博 & ザ・シンキーズ(ゲスト:岩沢幸矢、ミズノマリ)」のライブに行ってきました。このところparis matchでもシンキーズでもライブが目白押しでしたが、日程的に全然いけなかったのですがロケーションが良いので、思わず行ってしまいました。暑すぎず、ちょうどよい季候で、夜は涼しすぎて長袖が必要なほど。海のそばで曲間には波の音が聞こえてきます。

2018081903.jpg
最初に2曲、シンキーズがインストゥルメンタルの曲をやって、ミズノさんが登場して5曲、それからブレッド&バターの岩沢幸矢さんが5曲、アンコール2曲。ミズノさんはアンコールにも登場してバックコーラスをしてくれました。

前日23:30から行われたTokyo Music Cruseの宿泊者向けチャペルライブ。その後夜中までまた飲んで、今日は午前中にこちらまできて、午後はSUPをやっていたという無茶なスケジュールだったそうですが、そこはプロ。しっかり歌って下さいました。SUP、いいですよね。

出色はミズノさん初披露の「さよなら夏の日」。山下達郎を海辺で歌うというね...。これはすごい。山下達郎よりよかった。真夏にクリスマスソングも趣深いです。

逗子surfersミズノさん出演セットリスト
1. (They long to be) Close To You
2. 太陽のKISS
3. Summer Breeze
4. さよなら夏の日
5. Driving Home For Christmas


ブレッド&バター...芸歴の長いグループで、名前だけは知っていましたが、私はまったくかすらないで来たようです。多分それはフォークデュオだったからなんですね...(フォーク弱い)。唯一知っていた曲が「ピンク・シャドウ」ですが、山下達郎のライブ盤(It's A Poppin Time)に入ってたからでした。

2018年4月23日

Salon de Mari Platinum Songs/ミズノマリ

salon de mari platinum Songsミズノマリさんがparis matchでもピアノを弾いてる堀秀彰さんと以前からやってるジャズのソロライブが「Salon de Mari」で、私も行ったことがあります(2014年10月のMotion Blue Yokohama)。これをアルバムにしたのですが、一般発売されておらず、wizyというサイトでの事前申し込みのみの販売。紅茶つきとか、江古田のCafe Bleuでのミーティングとセットとかいろいろあったのですが、私はアルバムのみ(直筆サイン入り)購入。4月21日というparis matchデビューの日に到着するよう発送されました。

Salon de Mari Platinum Songs全力でジャズです。もともとJazzyなアレンジの多いユニットで、そこが好きなのですが、そんなに本格的にはあえてやらずに「ポップス」である、というポリシーを大きくは崩さないのですが、ソロではいいんじゃないかと。プロデューサーは洋介さんなので、paris matchのプロジェクトですけど。

paris matchの曲の中から何を入れるかはwizyのサイトでリクエストを募っていました。私も何か書いたと思うのですが、なんだったか忘れてしまいました。でも全部いいですよ。でも「黒翡翠のララバイ」とかしぶいところ書いたかも。「Strawberry Waltz」は絶対入ると思いましたし、入っていて嬉しかった。「AFTER THE RAIN」「ダスト・イン・パリス」「東京ベイ」もジャズアレンジがとても似合う。「ダスト・イン・パリス」切ない...。どうせリクエストの一番は「Saturday」なんですが、これをあえて押さないのが長年のファンです。

「Hot Butterfly」は1978年のグレッグ・ダイアモンド・バイオニック・ブギーの曲ですが、1980年のチャカ・カーンのカバーが有名。「Summertime」はジョージ・ガーシュインの曲でスタンダード・ナンバー。私が一番印象に残ってるのはりジャニス・ジョプリンなんですが、あれが異色のカバーなんでしょう。以前のSalon de Mariのライブでも歌ってくれました。

ラスト、カーペンターズの「愛のプレリュード」はparis matchにとっては記念すべき曲。ボーカリストを探していた洋介さんと古澤さんの前に現れたミズノさんが歌って、この人に決めたっていう曲だから。これを聞いたら、確かに震える、決める。→2004.1.25のブログ

余談ですが、最近ミズノさんがJill-decoy Associationsの「Zinger」というミニアルバムに参加したのですが(4曲目の「Now is the time!」)、このバンドのchihiroさんも良い声ですが、それよりずっとミズノさんの声がいい。デュエットだから余計に際立ちます。これはparis matchファンにも聴いてもらいたいです。


01. Hot Butterfly [4:16] Gregg Diamond Bionic Boogie
02. Summertime [5:44] George Gershwin
03. Waltz for Debby [5:11] Bill Evans
04. AFTER THE RAIN [4:58] ~Volume One
05. ダスト・イン・パリス [5:48] ~11
06. Saturday [6:17] ~Type III
07. Strawberry Waltz [5:17] ~to the nines
08. CAMELLIA [4:09] ~♭5
09. 東京ベイ [6:37] ~After Six
10. My Favorite Things [4:14] Julie Andrews
11. We've only just begun [4:50] Carpenters

P.S.ちょっと後にこちらのミズノさんご自身の解説があがってました。