最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

2017年3月20日

たかが世界の終わり

たかが世界の終わりネタバレ含みます。

グザヴィエ・ドランの「マミー/Mommy」以来のオリジナル映画。原作は戯曲で、12年ぶりに家に帰った次男の帰省の1日の出来事を描く。カナダ=フランスの映画で、ロケ地はどこかわからないけれど、舞台はフランスの田舎のように見える。ベルトラン・タヴェルニエの「田舎の日曜日」を思い出したが、あんなのんびりした映画ではないし、ストーリーも全く違うけれど、映像にはどこか共通点が感じられる。フランス映画の伝統なのか。家族の映画はどこか似る。

舞台はほぼ家の中だけの密室における会話劇なのに最後まで緊張感に満ちていて、飽きさせない。なんだろうこの力は。アップの多用、一人アップになると、別の人物は背景に消える。いつものように音楽が効果的に使われる。今回は「恋のマイアヒ」で驚かされたけれど。


彼は何をしに帰って来たか。兄嫁は気づいていて、直接質問を口にもする。でもその答えは自分の夫や姑に言って欲しい。母も何かを感づいていて、でも言って欲しくないので話をそらす。妹は小さい頃にいなくなった兄に憧れている一方、残されたことへの恨みもある。だが、何のために帰って来たかはわかっていない。最も乱暴に告白を恐れているのが兄。もともと優秀な弟へのコンプレックスに満ちあふれていて、憎んでもいる。かまをかけるためなのか、弟の昔の恋人が癌で死んだことを告げている。告白しようとした弟を乱暴に止める。これが最後だとわかったとしても、おそらく受け入れられない。最初、告白することで「僕は最後まで僕でありたい」みたいなことを言ってるが、そんな簡単にいくわけがない。

ドランの映画にさわやかなハッピーエンドなんて望めない。でも後味が悪いとも思わない。悲劇的な結末を「あぁ、そうだよね。そんなもんだよね。」と説得力とあきらめをもって受け入れられるのは、彼の映画の力なんだろうなと思う。

ギャスパー・ウリエルのはにかんだ顔と割れたあごが忘れられない。


公式サイト:たかが世界の終わり
監督・脚本:グザヴィエ・ドラン
主演:ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイ
原題:Juste la fin du monde
2016年 カナダ・フランス カラー 99分

「マミー/Mommy」

2016年12月22日

Taeko Onuki symphonic concert 2016

Taeko Onuki symphonic concert 2016

大貫妙子がフル・オーケストラをバックに一夜限りのコンサートを開く。それも東京芸術劇場というクラシックのホールで。これまでも「pure acoustic concert」として長らく弦楽四重奏団とコンサートを開いてきたが、フルオケは初めてだし、次があるかどうかわからない。

ター坊の曲はストリングスをバックにしたものは多いので、まったく違和感はなく、むしろあれらが生演奏で聞けるなんて、そんな贅沢なコンサートがあるのなら、それは行かねば。

バンドを前に、後ろの高い場所にオーケストラが。オケって、オペラで沈んでいるので、何となくそういうイメージでいたのだが、逆だった。日本ではこのスタイルは初めてかもしれないとのこと。

私は1Fの10列目より前だったので、バンドやター坊はすぐ近くだったが、このコンサートなら2階席の方がオーケストラがよく見えて良かったのではないかと思う。

初めて千住明氏と組んだ「アフリカ動物パズル」、「アリーテ姫」のサントラの「金色の翼」、愛知万博(愛・地球博)三井東芝館で上映された映画のテーマ「Voyage」という3曲は千住明氏の曲なので当然出るとして、それ以外の曲も古いものが多かった。「グランプリ」は初めてライブで演奏されたのではないかとMCで言われていた。この曲、冒頭と途中に車の排気音が入るというつくりで、イブ・モンタン主演の「グラン・プリ」(1966)をイメージしているのかと。この「AVENTURE」というアルバム自体が映画音楽を指向しているようなところがある。

第一部と第二部の冒頭の曲は、オーケストラのみ。「突然の贈りもの」はバンドのみ。あとは全部コラボ。「黒のクレール」なんかは、いかにもオーケストラ向きだが、「夏に恋する女たち」「幻惑」のような、ポップス系も入る。それでも、「哀しみの足音」「Tema Purissima」「RENDEZ-VOUS」はやはり再現性高くて感動する。「光のカーニバル」は更に華やかになり、カーニバル感が増していた。

このコンサートの模様は3月15日にDVD+CDの2枚組で発売されるとのこと。全然見えなかったオーケストラの細かいところが見たい。

taeko onuki symphonic concert 2016日時:2016年12月22日(木)18:00開場、19:00開演
会場:東京芸術劇場

編曲・指揮:千住 明
演奏:東京ニューシティ管弦楽団
g:小倉博和
b:鈴木正人
pf:フェビアン・レザ・パネ
ds:林立夫

taekoonuki2016symphonic2.jpg第一部
1 Overture
2 黒のクレール (Cliche 1982)
3 夏に恋する女たち (SIGNIFIE 1983)
4 突然の贈りもの (MIGNONNE 1978)
5 RAIN (Lucy 1997)
6 哀しみの足音 (DRAWING 1992)
7 Voyage (One Fine Day 2005)
8 光のカーニバル (Cliche 1982)
第二部
1 アフリカ動物パズル~メイン・テーマ (アフリカ動物パズル 1986)
2 ピーターラビットとわたし (Cliche 1982)
3 金色の翼 (「アリーテ姫」サントラ 2001)
4 Tema Purissima (PRISSIMA 1988)
5 幻惑 (SIGNIFIE 1983)
6 TANGO (Lucy 1997)
7 グランプリ (AVENTURE 1981)
8 RENDEZ-VOUS (ensemble 2000)
en
1 Shall We Dance (Boucles d'oreilles 2007)


taeko onuki symphonic concert 2016「TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU~Symphonic Concert 2016
1.Overture(instrumental)
2.光のカーニバル
3.アフリカ動物パズル~メインテーマinstrumental)
4.金色の翼
5.Voyage
6.突然の贈り物

このCDは販売されていますが(TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU~Symphonic Concert 2016)、会場ではこれにブックレットがついているものが限定で販売されていました。

2016年12月17日

paris match winter special X'mas Contert 2016

paris match【 paris match winter special X'mas Concert 2016】

日時: 2016年12月17日(土)17:00開場、18:00開演
会場:日本橋三井ホール

ミズノさんは例によって、頭3曲くらいが慣らし運転で、そこからぐぐっと調子をあげていきます。前半、比較的落ち着いた、通好みの曲が続いて、後半に盛り上げる感じ。
「The Christmas song」は堀くんと2人で演奏しました。
「タイム・シェイド」が嬉しかったなー。

ミズノマリ
杉山洋介
guitar:樋口直彦
bass:坂本竜太
drums:濱田尚哉
keyboard:堀秀彰
sax:小池修
trumpet:佐々木史郎
tronborn:佐野聡
cholas:黒沢綾
1.冬空カプチーノキッド [11]
2.シベリアンラプソディ [11]
3.topaz and diamond [after6]
4.Metro [flight7]
5.眠れない悲しい夜なら [Quatro]
6.タイムシェイド [Passion 8]
7.銀のセダンと時間の鍵盤 [edition10]
8.You are my reason [edition 10]
9.ANGEL [Quatro]
10.Killing you [11]
11.Passion8 Groove [Passiin 8]
12.The Christmas song
13.ダストインパリス [11]
14.太陽の接吻 [♭5]
15.ヨコハマシティ [Passion 8]
~floor [to the nines]
~coffee machine [PM2]
16.Free [Passion 8]
17.虹のパズル [flight 7]
18.Silent Night [Song for you]

en
19.Saturday [TyleIII]
20.Sandstorm [edition 10]

2016年11月 2日

つつましい英雄/マリオ・バルガス=リョサ

つつましい英雄バルガス=リョサの二つのお話がカチっと合わさる瞬間が好きだ。第17章の直前。確かにもう以前のリョサの作品のような混沌とした熱さを感じなくなってしまったが、老練なというよりはガチガチに堅い感じを受けるが、でもおもしろい。小説の醍醐味は充分に味わえた。

作者自身が老境なので、登場人物が老人(というには少し若いけれど)ばかりなのは仕方がない。愚かなのは若い男達ばかりだ。フェリシトにはモデルがいると言う。ペルーのような国で脅迫に屈しないというのは、どれほど大変なことか。フェリシトの父親のように最底辺にいながら「踏みつけにされない」誇りを持つというのは、どういう意味か。自ら誰かに屈しないという意味だろうか。

リトゥーマやピウラを再び登場させたことも、古くからのファンへのサービスだろうか。リトゥーマの旧友を登場させて、いかにも普通の人の中にマフィアが隠れているかのような流れをつくっておいて、そこかという展開。イスマイルの息子のダメさ加減もまた伏線のようにすら見える。

エディルベルト・トーレスで少し遊んでいるような印象だが、最後まで「誰だろう?」と引っ張られてしまう。そして最後、フォンチートがあの「継母礼賛」のあの子供だということを思い出した。してやられた感じで、苦笑。

■書誌事項
マリオ・バルガス=リョサ著,田村さと子訳
河出書房新社 2015.12.30 436p ISBN978-4-309-20694-3
■原綴:El héroe discreto, Mario Vargas Llyosa, 2013

2016年10月12日

井上陽水コンサート2016秋 UNITED TOUR 2

井上陽水コンサート 2016 秋日時:2016年10月11日(火)18:30~21:30
会場:Bunkamura オーチャードホール

はっきりしたことは覚えていないのだが、1997~98年頃を最後に私は井上陽水のコンサートに行ってないのではないかと思う。間違いなく、2000年代に入ってからは行ってない。では、いつ頃行ったのか。

最初に1990年に「ハンサムボーイ」が出た前後からだと思う。日清パワーステーション、川崎チネチッタ、横浜アリーナ、東京国際フォーラム...いろいろな場所へ行った記憶がある。出来たばかりの東京国際フォーラムにも行ったのではないか?だとしたら1998年くらいまでは行っていた筈だ。やはりライブの記録は残しておいた方がいい。

しかし、素晴らしいライブだった。何故行かなくなったのだろう?アルバムの方はずっと聞き続けているのに。ツアーの他のセットリストではあったが「とまどうペリカン」「リバーサイドホテル」がこの日はなかったのが残念だが、「愛されてばかりいると」が一番嬉しかった。「カナリア」「娘がねじれる時」などは定番だ。「バレリーナ」は決してメジャーな曲ではないが、非常によく出来た曲で、この日のは迫力あった。「ミス・コンテスト」なんかもよく演ってたな。70年代からはあ「夢の中へ」と「氷の世界」は必須だけど、これに「傘がない」「東へ西へ」なんかが定番で加わる。あとは1980年代が多いなと思う。楽曲としての完成度はあ実際のところ1980年代の充実ぶりはすさまじいと思う。

「あの素晴らしい愛をもう一度」のアレンジのインスピレーションは長崎で見たマリア様とか。神々しいというか、なんというか。

あと、MC。昔もよく喋っていたけど、昔より更によく喋っていた。

今回は「UNITED COVER 2」なのでカバーが多いのは間違いない。ニューアルバムが出た後のツアーはまた行くかな。

pf & key:小島良喜
bs:美久月千春
ds:山木秀夫
gu:今堀恒雄
gu:長田進
cho: Lyn
cho: fasun

井上陽水コンサート 2016 秋セットリスト

1. ラブレターの気分で
2. カナリア
3. Make-up Shadow
4. 娘がねじれる時
5. 移動電話
6. 有楽町で逢いましょう
7. リンゴ [吉田拓郎]
8. 女神
9. 瞬き
10. あの素晴しい愛をもう一度 [加藤和彦と北山修]
11. Here There And Everywhere
12. Just Fit
13. 映画に行こう
14. 愛されてばかりいると
15. バレリーナ
16. My House
17. 氷の世界
18. 海へ来なさい
アンコール
19. 渚にまつわるエトセトラ
20. 夢の中へ
21. 夏の終りのハーモニー