最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

2018年9月21日

大貫妙子 Billboard Live Tour 2018

Billboard Live 2018  大貫妙子大貫さんはインタビューで、「ミニヨン」は嫌いだったけれど、ずっと歌い続けている曲が入っているアルバム、という趣旨の発言をなさるのだけど、今回このアルバムのアナログ復刻盤を出すにあたり、再度聞き直したことで随分評価がかわったようです。最新のインタビューで今日のMCで語られていたことがそのまま入っています。その「ミニヨン」から11曲中5曲も入りました。そのうち、「横顔」「突然の贈り物」「海と少年」は他のライブでもよく聞くのですが、「言い出せなくて」「空を飛べたら」は私は初めて聴きました。それ以外にも「都会」「夏に恋する女たち」以外はあまりライブでは聴いたことのない曲でした。

編成はギター、ベースとドラム×2、キーボード×2。いつもライブで「来年こそは(もしくは今年こそは)このメンバーでニューアルバムを」とおっしゃるのが今回入らなかったので、また流れたのかなと思いました。でもライブも以前よりまた頻繁に行うようになり、アルバムもどんどんアナログ復刻されているので、いいかなーと思いつつ、やっぱりニューアルバムを聴きたい気がします。少しずつドラマや映画に提供した曲も貯まっているので、ぼちぼち出来ないかなぁ。思い出しただけでも、以下の曲がアルバム未収録です。
「パンとスープとネコ日和」、「この空の下で」、「山のトムさん」、「聞かせてよ愛の言葉を」(カバー)、「I Don't Wanna Play In Your Yard」(カバー)、「横顔」(矢野顕子とのデュエット)、「天使のはしご」


2ndの方は「夏に恋する女たち」でカーテンが開いたのではないかと推察。だとしたら、いいなぁ。
Billboard Live 2018  大貫妙子
2018.9.20 1st Stage 19:00~
Billboard Live TOKYO

1.横顔(MIGNONNE)
2.言い出せなくて(MIGNONNE)
3.空を飛べたら(MIGNONNE)
4.突然の贈り物(MIGNONNE)
5.Mon doux Soleil(LUCY)
6.太陽がいっぱい(note)
7.Você é Bossanova(PRISSIMA)
8.都会(Sunshower)
9.夏に恋する女たち(SIGNIFIE)
en1.海と少年(MIGNONNE)
en2.Wonderland(note)


大貫 妙子(Vocals)
小倉 博和(Guitar)
鈴木 正人(Bass)
沼澤 尚(Drums)
フェビアン・レザ・パネ(Piano)
林 立夫(Drums)
森 俊之(Keyboards)



2018年8月19日

新川博 & ザ・シンキーズ(ゲスト:岩沢幸矢、ミズノマリ)

逗子surfers逗子Surfersで行われた「新川博 & ザ・シンキーズ(ゲスト:岩沢幸矢、ミズノマリ)」のライブに行ってきました。このところparis matchでもシンキーズでもライブが目白押しでしたが、日程的に全然いけなかったのですがロケーションが良いので、思わず行ってしまいました。暑すぎず、ちょうどよい季候で、夜は涼しすぎて長袖が必要なほど。海のそばで曲間には波の音が聞こえてきます。

2018081903.jpg
最初に2曲、シンキーズがインストゥルメンタルの曲をやって、ミズノさんが登場して5曲、それからブレッド&バターの岩沢幸矢さんが5曲、アンコール2曲。ミズノさんはアンコールにも登場してバックコーラスをしてくれました。

前日23:30から行われたTokyo Music Cruseの宿泊者向けチャペルライブ。その後夜中までまた飲んで、今日は午前中にこちらまできて、午後はSUPをやっていたという無茶なスケジュールだったそうですが、そこはプロ。しっかり歌って下さいました。SUP、いいですよね。

出色はミズノさん初披露の「さよなら夏の日」。山下達郎を海辺で歌うというね...。これはすごい。山下達郎よりよかった。真夏にクリスマスソングも趣深いです。

逗子surfersミズノさん出演セットリスト
1. (They long to be) Close To You
2. 太陽のKISS
3. Summer Breeze
4. さよなら夏の日
5. Driving Home For Christmas


ブレッド&バター...芸歴の長いグループで、名前だけは知っていましたが、私はまったくかすらないで来たようです。多分それはフォークデュオだったからなんですね...(フォーク弱い)。唯一知っていた曲が「ピンク・シャドウ」ですが、山下達郎のライブ盤(It's A Poppin Time)に入ってたからでした。

2018年4月23日

Salon de Mari Platinum Songs/ミズノマリ

salon de mari platinum Songsミズノマリさんがparis matchでもピアノを弾いてる堀秀彰さんと以前からやってるジャズのソロライブが「Salon de Mari」で、私も行ったことがあります(2014年10月のMotion Blue Yokohama)。これをアルバムにしたのですが、一般発売されておらず、wizyというサイトでの事前申し込みのみの販売。紅茶つきとか、江古田のCafe Bleuでのミーティングとセットとかいろいろあったのですが、私はアルバムのみ(直筆サイン入り)購入。4月21日というparis matchデビューの日に到着するよう発送されました。

Salon de Mari Platinum Songs全力でジャズです。もともとJazzyなアレンジの多いユニットで、そこが好きなのですが、そんなに本格的にはあえてやらずに「ポップス」である、というポリシーを大きくは崩さないのですが、ソロではいいんじゃないかと。プロデューサーは洋介さんなので、paris matchのプロジェクトですけど。

paris matchの曲の中から何を入れるかはwizyのサイトでリクエストを募っていました。私も何か書いたと思うのですが、なんだったか忘れてしまいました。でも全部いいですよ。でも「黒翡翠のララバイ」とかしぶいところ書いたかも。「Strawberry Waltz」は絶対入ると思いましたし、入っていて嬉しかった。「AFTER THE RAIN」「ダスト・イン・パリス」「東京ベイ」もジャズアレンジがとても似合う。「ダスト・イン・パリス」切ない...。どうせリクエストの一番は「Saturday」なんですが、これをあえて押さないのが長年のファンです。

「Hot Butterfly」は1978年のグレッグ・ダイアモンド・バイオニック・ブギーの曲ですが、1980年のチャカ・カーンのカバーが有名。「Summertime」はジョージ・ガーシュインの曲でスタンダード・ナンバー。私が一番印象に残ってるのはりジャニス・ジョプリンなんですが、あれが異色のカバーなんでしょう。以前のSalon de Mariのライブでも歌ってくれました。

ラスト、カーペンターズの「愛のプレリュード」はparis matchにとっては記念すべき曲。ボーカリストを探していた洋介さんと古澤さんの前に現れたミズノさんが歌って、この人に決めたっていう曲だから。これを聞いたら、確かに震える、決める。→2004.1.25のブログ

余談ですが、最近ミズノさんがJill-decoy Associationsの「Zinger」というミニアルバムに参加したのですが(4曲目の「Now is the time!」)、このバンドのchihiroさんも良い声ですが、それよりずっとミズノさんの声がいい。デュエットだから余計に際立ちます。これはparis matchファンにも聴いてもらいたいです。


01. Hot Butterfly [4:16] Gregg Diamond Bionic Boogie
02. Summertime [5:44] George Gershwin
03. Waltz for Debby [5:11] Bill Evans
04. AFTER THE RAIN [4:58] ~Volume One
05. ダスト・イン・パリス [5:48] ~11
06. Saturday [6:17] ~Type III
07. Strawberry Waltz [5:17] ~to the nines
08. CAMELLIA [4:09] ~♭5
09. 東京ベイ [6:37] ~After Six
10. My Favorite Things [4:14] Julie Andrews
11. We've only just begun [4:50] Carpenters

P.S.ちょっと後にこちらのミズノさんご自身の解説があがってました。

2018年3月25日

大貫妙子 Pure Acoustic 2018

大貫妙子pure acoustic 20182018年3月24日(土)17:00開演 19:00終了
新宿文化センター大ホール

私は過去の「Pure Acoustic」コンサートに行ったことがありません。JCBホールでのコンサートを収録したDVDを見ただけです。なので、一つ一つの音を聴き漏らすまいとすごく息を詰めて集中していました。大貫さんもすごく集中していたのでしょう。MCもそこそこ、どんどんコンサートを進めて行きます。9曲目まできて「リラックスしてください。」と「横顔」を歌ってくれました。本当にこのときやっと息が抜けたのです。


天から降るような、とはよく言ったもので、なんと美しい声。そこにピアノ、ベース、カルテットが絡むハーモニー。ため息しか出ません。大貫さんの繊細な声には弦の音が合う。パネさんのピアノと同じくらい合う、ということは自明のことですが、ライブで聴くと更によくわかります。山弦のギターの音とも合いますよね。

セットリストを見ると、なかなかこういうライブでないと再現できないような曲ばかりです。1996年に出たCD「Pure Acoustic」にある曲も多かった。途中、世界旅行を始めて、パリ、ヴェネチア、アルゼンチンへと連れていってくれました。贅沢すぎる時間でした。

客席見ていて思うのですが、男性がすごく多いんですね。私は大貫さんの曲はずっと聴いてますが、コンサートに行くようになったのはこの数年です。一人で聴いている頃は、曲の内容からしてファンは女性ばかりだろうと思っていたのですが。もちろん女性も大勢いますが、男性が多い。それも大貫さんと同年代か少し下くらいの方。ご夫婦でいらっしゃる方もいますが、男性一人、もしくは男性複数人という組み合わせ。ジャズが好きなおじさま方のような感じでもなく、フォークの頃から音楽を聴いている方たちとも微妙に違う。何というか、アイドルなんですよね。大貫さんって。かわいいし。MCではとてもさばさばした感じのしゃべり方なので、アイドルってピンと来ないのですが、でも皆さんの「俺だけがわかる」感というか、恋してる感が伝わってきます。やはり皆さん、お目が高い、ただ者ではないという感じがします。

八ヶ岳高原にも行きたいですけどね。我慢します。今日は本当に素敵でした。

1987年、ポップス系アーティストとして初めて、それまでクラシックのみだったサントリーホールで公演を行いました。
そこから始まった「PURE ACOUSTIC」コンサートは、恒例のコンサートとして23年間ほぼ毎年行われてきたものの、主要メンバーの金子飛鳥(Vn)の渡米をきっかけに2009年公演が最後となりました。
2013年の鎌倉で一度きりの公演も行われましたが、あの"PURE"で透明な世界が、約5年ぶりに最高のミュージシャンとともに帰ってきます。

フェビアン・レザ・パネ(pf)
吉野弘志(b)
ASKAストリングス
金子飛鳥(vn)
相磯優子(vn)
志賀惠子(vla)
西谷牧人(vc)


1.HYMNS(A Slice Of Life)
2.カイエ(カイエ)
3.若き日の望楼(ROMANTIQUE)
4.雨の夜明け(ROMANTIQUE)
5.彼と彼女のソネット(A Slice Of Life)
6.新しいシャツ(ROMANTIQUE)
7.黒のクレール(Cliché)
8.アヴァンチュリエール(AVENTURE)
9.横顔(MIGNONNE)
10.la mer, le ciel(AVNTURE)
11.Siena(copine.)
12.Tango(LUCY)
13.空へ(LUCY)
14.Cavaliere Servente(PURISSIMA)
15.光のカーニバル(Cliché)
16.突然の贈り物(MIGNONNE)
17.星の奇蹟(note)
en1.メトロポリタン美術館(Comin' Soon)
en2.地下鉄のザジ(Comin' Soon)



2018年3月10日

ナガシマトモコ [orange pekoe] a.k.a.NiA ソロライヴ 2018

ナガシマトモコソロライブ2018orange pekoeのナガシマトモコ、ニューヨークに移り住んでから約2年、凱旋ライブです。ただし、ソロで。パートナーの一馬くんの方はちょいちょい帰って来てライブをやっていましたが、トモジは渡米以来初めてです。トモジはNYで何をしているかというと、ソロアルバムをつくっていると言うのですが、みんなは信用してないそうです。いやいや、ご本人がそう言うのだから、つくってるのでしょう。

オレペコ8、NIAが3、カバー3、の構成(2曲目にやったNIAの曲が思い出せない...何故かこの時間帯ぼんやりしていました)。
変わらず、力強い、伸びやかな歌声でした。これまでのオレペコの二人ライブはギター伴奏なので、ピアノ伴奏は新鮮でした。Keiko Rhodesさんとは「Love Life」の頃からのおつきあいだそうです。ライブツアーの中で二人だけ女性ということもあり、必然的に仲良くなっているとのこと。

ナガシマトモコソロライブ2018オレペコの曲はちゃんと定番をやってくれました。「Selene」はやっぱりやるのね...と思いながら、アンコール、サイモン&ガーファンクル「明日にかける橋」って「Selene」と同じコンセプトだなぁと思ったりもしました。ロバータ・フラックの「愛は面影の中に」は確かにどこかでやったような気がしますが、自信ないです。でもよく歌えていました。ダニー・ハサウェイの「いつか自由に」はまさに公民権運動の曲ですが、娘のレイラ・ハサウェイに捧げた名曲。


1stと2ndステージ、通常は入れ替えですが、このライブは休憩。衣装を替えてました。bonbonのふんわりした衣装。よく似合う。

ナガシマトモコソロライブ2018正直、二人で行ったんだから、二人で帰って来いよ!と思うところはありましたが、もう少し向こうにいたい、年内には二人で何かする、とのこと。今年、オレペコ結成20周年でもあることだし、頑張って欲しいです。ソロもいいけど、やはり私は一馬くんのギターにのったトモジの歌が聴きたい。でもNYからLAに移り住んだという話もあります。なんだろう?日本に帰ってくる気はないのかな?別にどこに住んでいてもアルバム出して、ライブやってくれればいいんですけどね。

20180309d.jpg2018年3月9日(金)19:30開演
Motionblue Yokohama

1st
1. 太陽のかけら(orange pekoe)
2. Brown Koffee(NIA)
3. The First Time Ever I Saw Your Face (Roberta Flack)
4. Beautiful Thing(orange pekoe)
5. Foggy Star(orange pekoe)
6. I Really Miss You(NIA)
2nd
7. Mystical Moment(NIA)
8. Someday We'll All Be Free(Donny Huthaway)
9. Birthday Song(orange pekoe)
10. Selene(orange pekoe)
11. やわらかな夜(orange pekoe)
12. ソングバード(orange pekoe)
en1. Bridge Over Troubled Water(Simon & Garfunkel)
en2. LOVE LIFE(orange pekoe)